吉原ソープ王 | 吉原ソープの体験について書いているサイトです。
  

初めての吉原ソープでの遊び方をレクチャーします

先日、ようやく念願の吉原に初めてデビューを果たしました。風俗はけっこう好きで、旅行先は必ず歓楽街に行きますし、東京だと歌舞伎町にはよく行きます。しかし、吉原は自分の中では別格で、大人が遊ぶ本格派の場所というイメージがありました。社会人3年目になり、昇給した記念にと足を運んでみたのです。風俗の王様といわれるソープでの遊び方を、僕の体験をもとにレクチャーします。ソープ嬢はスキルが必要なので、ややベテランがいいと言われます。ですが、吉原ではレベルの高い女性しか集まらず、みんなテクニックの研鑽に切磋琢磨しているため、若い子を選んでも十分楽しめます。僕も22歳、経歴1年の子を指名して楽しみました。スケベ椅子でのボディー洗いは、絶対はずせません。その後はお風呂でイチャイチャしながら、潜望鏡を楽しんでください。そして、お待ちかねのマットプレイでは鯉の滝登りをご披露願いましょう。様々な技があるので、気になる技をお願いすると楽しめます。

一度は行ってみたい東京のソープ街といえば

東京は地価が高いせいか、最近はデリヘルなど店舗を持たない風俗が増えつつあります。ピンサロの多い五反田や新橋、エステ店の多い渋谷、キャバクラの多い歌舞伎町や六本木などいくつかの有名な歓楽街がありますが、東京のソープ街といえば吉原をおいてほかにありません。入浴スペースにマットスペース、ベッドまでフルコースの設備が必要なため、地価の高い東京では維持できないのか、ソープ数が減少しつつあります。ですが、吉原に行けば、歴史あるお店が今も元気に営業中です。江戸時代から続く花街ですから、やっぱり風格があります。そこで働いている女性たちも、ポリシーを持ってやっているなというのが伝わってくるんです。とても一生懸命尽くしてくれるので、一度でも吉原のソープに行けば病みつきになりますよ。特に僕はマットプレイが好きですね。他の風俗店ではできない遊びです。泡だらけになって、女性と密着して楽しめる、この高揚感は最高です。

ソープ全国の旅